真面目な長男 VS ぐーたら妻 通信教育編

DS113_L

通信教育をちゃんとできる人、尊敬します

通信教育、、

昔、進研ゼミとかやってませんでした?

Z会とか。

私は1年ぐらいやってたことがあります。

ですが、最初は真面目にやるのですが、だんだんサボってきて

最後のほうは課題を提出しなくなるという、、まあお決まりのパターン。

たぶん全ての課題は出してなかったと思います。

塾とか、強制力が無いと人はサボってしまうんですよね。

ちなみに妻は、人生で、通信教育では「1回も」課題を出したことは無いそうです^^;

3年間は教材を取り続けていたようです。もったいない。

ところがうちの長男、小学2年生。

FullSizeRender (4)

進研ゼミ(チャレンジ)を以前からやっているのですが

1か月分の課題を2-3日で終わらすんですね。

家にテキスト類が届いたら、すぐにとりかかる、、

なんだこの変態は、、

と思いましたね。

そんなに勉強って楽しいかと。

だいたいみんな、申し込む前は「ちゃんとやるからー」って言って

プレゼント目当てで入会して、

でもすぐにサボり始めちゃって、

お母さんに「ちゃんとやらないなら退会するわよ!」

って怒られるのが子供でしょうよ(笑)

それが、ウチの子ときたら真面目にやってるんだから、まあ偉いですよ。

ちなみに真面目な割には成績はすごく良いわけではない(笑)

不器用な奴です。

真面目な長男に対して、この妻は、、

長男は課題提出締め切り3週間前とかに余裕で終わらせるわけです。

で、指定の課題(プリント)を封筒か何かに入れて切手を貼ってポストに投函するんです。

ポスト投函は妻の役割、、なんですが

なんと半年分も課題を投函していなかった!

長男は真面目にやってるんですよ、毎月。

それを母親が出してなかったって、聞いたことありますか?(笑)

それを聞かされたときは

なんだこの生き物(妻)は、、

と思いましたね。

で、「溜まってる分ちょうだい!出してくるから!」

と言って、私が数か月分の課題をポストに投函しに行こうとしたのですが

妻「ごめん、、9月分なくしたっぽい、、」

って、想像の斜め上を行く展開。

ちゃんと通信教育を真面目にやる子供も珍しいなと関心するとともに

子供の課題を出してあげない(失くす)母親はもっと聞いたことがない。

長男に事情を話して謝ったら、

長男「えぇ~、、、。うーん、、、。ふう、、、。」

何か、もう悟った感じでした。

悟りを開かせてしまった感じでした。

妻は、自分が一度も通信教育を真面目にやったことがないから

長男の課題をいじわるで出してあげない、、

わけではもちろんありません。

ほんとに抜けているというか、忘れっぽいというか、ボケているというか、

私のボキャブラリーでは表現できないのですが、、

まあ、そういうアレです。

ほんとにこの話を聞いたときは

息子に対して申し訳ないやら、妻に対して怒り、あきれ、あきらめ、脱力、、

でもちょっと面白い話だなと思ってしまい(笑)

ところでちょっとお聞きしたいのですが、

これって珍しいパターンですよね?

よくある話だったらどうしよう^^;

少なくとも息子に対してこういう足の引っ張り方はないよな、と思い書いてみました。

P.S.

通信教育の課題は、私か息子本人がポストに出すようにします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です